dTV(ディーティービー)のおためし無料に登録する6つのメリットと注意点!

dTV

なるべく安い有料の動画サービス(VOD)を利用したいと考えていますがdTVはどうでしょう?安くても見たい動画が無ければ意味がありません。
dTVではどんな動画が見れるのか、使い勝手なども含めて無料体験について調査します。

※本ページの情報は2020年6月19日時点のものです。
※最新の配信状況はdTVの公式サイトやアプリにてご確認ください。

 

dTV(ディーティービー)のおためし無料に登録する6つのメリット

dTV(ディーティービー)のおためし無料に登録する6つのメリット

dTVの無料体験に登録するメリットは以下の通りです。

dTV無料体験のメリット
・無料お試し期間が長い
・オリジナル番組が多い
・動画をダウンロードできる
・マンガも読める
・ライブ映像が多い
・韓国ドラマが豊富

無料お試し期間が長い

dTVの無料お試しは31日間です。

約1ヶ月の間、dTVのサービスを無料でお試しできます。

どんな作品があるのか、じっくりと吟味できますね。

dTVオリジナル番組が多い

「猿に会う」や「サムのこと」など、dTVオリジナルドラマがたくさんあります。

dTVオリジナルの「キスマイどきどきーん!」は、Kis-My-Ft2初の冠配信番組です。

動画をダウンロードできる

dTVは動画をダウンロードできます。

自宅でwifiを使って動画をダウンロードしておけば、外出先で視聴しても通信量が抑えられます。

毎月、ギガ不足で、ギリギリの通信で過ごしている人には、必須の機能ですね。

マンガも読める

dTVではマンガを動画として読むことができます。

電子書籍ではなく、マンガに音声が付いて、動画として視聴できます。

言葉で説明すると難しいですね。

マンガなんですけど、動画です。

自分でページをめくらなくて良いので、とても楽です。

目と耳で楽しめるマンガをdTVで楽しめます。

ライブ映像

dTVは音楽コンテンツが充実しています。

クレイジーケンバンドのライブ映像やサザンオールスターズの特集があったり、海を感じるミュージックビデオのようなテーマの沿ったプレイリストがあります。

韓国ドラマが豊富

dTVには、韓流・華流のドラマやバラエティ番組がたくさん視聴できます。

ちょっと古いですが、「オクニョ」や「チャングム」もありますね。

私がわかる韓国ドラマが古すぎて話になりませんが、約400本ぐらいの見放題作品がありました。

先日、再放送されていた「グッド・ドクター」の韓国オリジナル版も配信されていました。

 

dTV(ディーティービー)のおためし無料に登録する時の注意点

dTVの無料体験に登録する時の注意点は以下の通りです。

dTV無料体験の注意点
・dアカウントの登録が必要
・最新作は有料作品が多い
・2つ以上の複数端末で同時視聴できない
・4K対応作品が少ない

dアカウントの登録が必要

dTVはdアカウントを使ってサービスを利用します。

ドコモユーザーでなくてもdアカウントを取得する事ができますが、気分的にちょっと、と思う事があります。

最新作は有料作品が多い

dTVで映画などの最新作は課金される有料作品の事が多いです。

2つ以上の複数端末で同時視聴できない

dTVでは1つのアカウントで5台までデバイス利用登録ができますが、複数のデバイスで同時再生はできません。

1台の端末で視聴していると、他の端末では視聴できません。

4K対応作品が少ない

dTVは4K画質に対応していますが、4Kに対応した作品が少ししかありません。

スマホで動画を見ている限り、HDの高画質でも、4Kでも大きな差は感じられませんが、大画面のテレビで視聴すると、やはり4K対応していると画質が違うなぁと感じます。

 

dTV(ディーティービー)をおすすめする人

dTV(ディーティービー)をおすすめする人

dTVは、月額利用料が安く、見放題作品が豊富な動画サービスです。

一方、最新作は有料だったり、配信されていない事が多いです。

オリジナル作品も多いので、自分の趣味にあった作品が見放題に多い人は楽しめると思います。

どのような作品が視聴できるのかを、31日間の無料お試しで確認すると良いでしょう。

最新の人気ドラマなどを視聴した時には不向きかもしれませんが、過去の人気作品をじっくりと見返したい人にはdTVをおすすめしたいですね。

 

dTV(ディーティービー)の無料体験のおさらい

dTV(ディーティービー)の無料体験のおさらい

dTVの魅力は、月額利用料金の安さと見放題作品の多さです。

しかし、最新作品は有料が多かったり、4K作品が少なかったり、心配な事もあります。

dTVは無料お試しが31日間と長期間体験できるので、自分の使う環境や好みの作品があるか、じっくりと確認する事ができます。

月額料金を支払ったとしても、他のVODよりも安いので、お財布の負担が少なくてうれしいです。

さらに、ドコモユーザーの場合、DAZNなどとのセット割引があったりします。

わざわざ使わないサービスまで加入する必要はありませんが、プロ野球の公式戦も始まったので、DAZNもdTVも見たいというドコモユーザーは、まとめて申し込みすると良いですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事